大阪で安い税理士なら日本経営支援税理士事務所

大阪で相続手続きが安く出来る税理士事務所です。
大阪 税理士事務所のお得な最新情報
税理士 大阪 安い予算で法人設立

2017/04/14

数字による管理と自己管理

大阪の税理士事務所【日本経営支援税理士事務所】です!

大阪で税理士事務所をお探しなら、大阪西区を拠点に全国の会社様の税務を担当している【日本経営支援税理士事務所】にお任せ下さい。

 

本日は、『数字による管理と自己管理の大切さ』について

 

初めての飲食店開業では、いち従業員として調理をしながら、現場の長として、そして経営者として、従業員に指示を出したり、数字を管理したり、業者と交渉したりなど、1人で何役もこなさなくてはいけません。

日々の業務に忙殺される中で、経営の中身を客観的に把握するのは、決して容易なことではないので、自店の経営状態については必ず「数字で測り、数字で把握」するようにすることをおすすめします。

経営者である以上、数字との付き合いは避けて通れませんので、数字を上手に活用することが、経営者としてご自身を助けることになります。

「数字で経営」というと冷たい経営者のように聞こえるかもしれませんが、「数値第一主義の血も涙もない経営者になれ」ということではなく、目標を明確にし、その目的を果たすために、「数字」を活用することで、「やるべきこと」を見つけられる経営者になれると思います。

 

開業当初は1人で何役もこなさねばいけませんので、「労働者としての自分」「経営者としての自分」(&プライベートな自分)を分けて考えるべきです。

 

企業に勤めているときには、上司や先輩が間違いを指摘してくれたり、注意してくれたりすることもあったと思いますが、経営者であるあなたには上司も先輩もいないので、「労働者としての自分」を「経営者としての自分」が監視し、「評価、管理、指導」をしていくイメージを持つことが大事です。

例えば「労働者としての自分」が「あー疲れた。掃除は面倒だから、今度まとめてやればいいや」と思ったら、「経営者としての自分」が「それじゃ駄目だ」と正さなくてはいけません。

逆に、「経営者としての自分」が、「出数の集計と来月の目標設定が面倒くさいなあ」と感じたら、「労働者としての自分」は「社長ちゃんと経営してくださいよ!」と戒めなければいけません。

二重人格のようですが、意図的に違う立場の自分を作り出し、時と場合に合わせて店にプラスになるように仕向けることが大事です。ただし、従業員への指示や言動は経営者として一貫したものであることは留意するべきです。

 

個人様・法人様問わず大阪から日本全国どこでもお任せ下さい。

会社設立~経営指導まで、超一流の税理士がサポート致します。

相談は無料です!

 

 
日本経営支援税理士事務所
大阪府大阪市西区靭本町2-2-22-701
TEL:06-6459-7639
FAX
06-6459-7767