大阪で安い税理士なら日本経営支援税理士事務所

大阪で相続手続きが安く出来る税理士事務所です。
大阪 税理士事務所のお得な最新情報
税理士 大阪 安い予算で法人設立

2017/04/23

外食産業

大阪の税理士事務所【日本経営支援税理士事務所】です!

大阪で税理士事務所をお探しなら、大阪西区を拠点に全国の会社様の税務を担当している【日本経営支援税理士事務所】にお任せ下さい。

 

本日は、『外食産業の分類』について

 

外食産業にはさまざまなタイプのお店がありますが、それらの分類方法の考え方として「何を売っているか」で分類する方法と、「どのように売るか」で分類する方法との2つの分類法があります。

 

「何を売っているか」による分類法では、そば・うどん店、寿司店、うなぎ料理店、西洋料理店、中国料理店などの業種が挙がります。

しかし、たとえば中国料理店といっても、ラーメンと定食を提供するランチに強い店もあれば、改まった会食で利用される高級店もあります。また、注文を受けてすぐに商品を提供する中国料理のファストフードサービスもあります。よって、このような業種による分類では、顧客のターゲットや利用動機までを規定できません

 

一方、提供法で分類する「業態」対象と利用動機も親定それに対して、「どのように売るか」で分類する方法が、業態という考え方です。

業態という言葉は、産業全体では卸売業か小売業かなどの大まかな分類をいいますが、外食産業の中の分類では、そのビジネスが対象とする顧客の種類(ビジネスパーソンや法人か、消費者かなど)まで規定する考え方です。外食産業で業態という場合には、対象とする消費者のプロフィールや利用動機を想定し、そのニーズにどのように応えるかということが含まれます。たとえば、ファストフードサービス、ファミリーレストランなどが業態です。

 

個人様・法人様問わず大阪から日本全国どこでもお任せ下さい。

会社設立~経営指導まで、超一流の税理士がサポート致します。

相談は無料です!
日本経営支援税理士事務所
大阪府大阪市西区靭本町2-2-22-701
TEL:06-6459-7639
FAX
06-6459-7767