大阪で安い税理士なら日本経営支援税理士事務所

大阪で相続手続きが安く出来る税理士事務所です。
大阪 税理士事務所のお得な最新情報
税理士 大阪 安い予算で法人設立

2017/07/18

不動産の交換⑭

ポイント6

等価または差額が20%以内であること①

 

税法上、「不動産交換」が認められるためには、等価または差額が20%以内であることが必要です。では、等価というのは何を基準としたものかというと、原則として時価をもって算定しますが、この「時価」をどうとらえるかが問題になります。当事者間のトラブルの多くも、この点にあるのがほとんどです。

しかし、「不動産交換」では等価という場合はごくまれで、むしろ等価などというケースはあり得ないといっていいと思います。ほとんどが価格差のある物件の交換になります。もちろん、物件の価格差は交換する者の価値観によります。たとえ所有している物件が一億円の価値があるとしても、どうしても欲しい物件であれば5,000万円の物件と交換する、ということも十分考えられます。それでも交換条件に差がありすぎるという時には、両物件の価格差を差金という形で調整することがしばしば出てきます。

「不動産交換」において差金が出てくること自体は問題ありませんが、高いほうの価格の20%以内でなければいけません。

 

 

大阪で税理士事務所をお探しなら、大阪西区を拠点に全国の会社様の税務を担当している【日本経営支援税理士事務所】にお任せ下さい。

 

相談は無料です!

 

個人様・法人様問わず大阪から日本全国どこでもお任せ下さい。

会社設立~経営指導まで、超一流の税理士がサポート致します。

 

——————————–

日本経営支援税理士事務所
大阪府大阪市西区靭本町2-2-22-701
TEL:06-6459-7639
FAX
:06-6459-7767

——————————–